みんな電力株式会社

ソーシャルエネルギービジネスを展開するベンチャー企業。

産業用ソーラーの機材・サービス販売、電力の小売・買い取り事業などを手がける。事業の特徴は、電力発電元の顔が見られるようになっていること。電力利用者は発電元の再生エネルギーの状況などを参照して購入先を検討することができる。また、再生エネルギーやエコの普及活動も進めており、ソーシャルビジネスとしても注目を集めている。

注目のニュース

グラミン日本と共同で、生活困窮者の自立を支援する「グラミンでんき」を開始。毎月の電気料金から100円を寄付。
2020年10月20日
再エネ発電所に寄付できるクレジットカード 「みんな電力 エポスカード」を、丸井グループとのプロジェクトの一環で発行。
2020年10月15日
グリーンシステムコーポレーションと業務提携。有機農業の運営支援につなげる売電事業を開始。
2020年8月19日
ブロックチェーン技術を、P2P電力トレーサビリティシステムに活用。高速化ブロックチェーンで「顔の見えるライフスタイル」を推進。
2020年7月30日
長州産業と協業。太陽光発電&蓄電&AI制御および再エネ由来の電力提供を組み合わせ、再生可能エネルギー100%の暮らしをサポート。
2020年7月17日
みんな電力が、ブロックチェーン電力取引およびトレーサビリティシステムにかかわる特許を取得。
2020年7月2日
再生可能エネルギー特化型新電力支援サービス 毎日助ける「まいける」を本格サービス化。コミュニティ型新電力事業者向けのサービスで、電力融通、ITシステムの提供、受給管理業務代行などの業務をサポート。
2020年6月26日
日本初となる空気のサブスクリプションサービスをリリース。空気を現地採取しデータを分析。浮遊菌対策に効果的な製品の紹介やレイアウト変更などの改善方法を提案。
2020年6月9日
三井物産と協業し、太陽光発電所価値を向上する独自のリパワリング事業をスタート。太陽光発電所のオーナーを対象に、発電設備の能力診断、点検、「顔の見える電力」としての売電を行うサービス。
2020年5月20日
「空気の見える化」を実現する、みんなエアー事業を開始。空気中に含まれる菌類を可視化することで、オフィスや店舗の空気環境を把握。
2020年3月24日
2 次元結晶グラフェンを基板へ直接成膜する受託サービスを開始。シーズテクノ、エネルギー・イノベーション・ベンチャーと共同で。
2020年1月27日
事業拡大のため、本社を東京都世田谷区三軒茶屋 サンタワーズセンタービルに移転。
2019年3月4日
シリーズBラウンドで11.8億円の資金調達を実施。引受先はTBSイノベーション・パートナーズ、SBIインベストメント、TOKAIホールディングスなど。
2019年1月21日


 http://corp.minden.co.jp/


関連するキーワード



住所:東京都世田谷区池尻

設立:2011年5月


当ウェブサイトにおいて掲載する情報は、公表されている情報などを独自に収集した参考情報であり、企業の事業内容について正確性、安全性等を保証するものではありません。