glafit株式会社

オリジナルのハイブリッドバイクを開発。

自社ブランドの自転車機能および電動バイク機能を持つハイブリッドバイクの製造販売を行う。自転車、バイク、アシスト走行と3用途の使い方が出来る。なおハイブリッドバイクは法律上原付と同じ扱いで、ナンバー登録や免許が必要となる。もともとはクラウドファンディングから始まったプロジェクトが成功に結びつき、2017年9月から法人として正式なスタートを切った。

注目のニュース

品質マネジメントシステム、ISO9001:2015の認証を取得。
2021年4月28日
X-SCOOTER LOMが、令和2年度「和歌山市チャレンジ新商品」に認定。ハイブリッドバイクGFR-01に続いての認定。
2021年1月25日
ハイブリッドバイクをフルモデルチェンジしたハイブリッドバイクGFR-02を開発。今後、予約販売から販売を開始
2020年11月25日
glafitバイクが、原動機付自転車と自転車との切り替えを認められ、電源をOFFにしナンバープレートを覆った時は道路交通法上、普通自転車として取扱いされることに。
2020年10月28日
立ち乗り電動スクーター「X-SCOOTER LOM」がMakuakeにて応援購入1億円に到達。プロジェクトが2連続で1億円超えは初の快挙。
2020年7月9日
電動スクーターの新プロダクト「X-SCOOTER LOM」を、Makuakeで先行発売。ステップに跨り⽴ち乗りで運転するスクーターで、バイクのようでもあり、スキーのようでもある、新しい乗り⼼地を体験できる。
2020年5月28日
glafitとエニキャリが、「新型コロナウイルスに負けるな!飲食店向け運営支援キャンペーン」を実施。デリバリーシェアリングプラットフォーム「anyCarry」に出店し、自前デリバリー用にglafitバイクを購入する場合、購入資金の一部をキャッシュバック補助を受けることが可能に。
2020年4月16日
外出自粛要請を受け、ハイブリッドバイクglafitバイク GFR-01をフードデリバリー業務⽤に無償貸与を実施。
2020年3月30日
和歌山市と 「シェアモビリティ実証実験に関する協定」を締結。電動バイクを活用した人流データ解析の実証実験。
2020年2月28日
ヤマハ発動機と資本業務提携。電動モビリティの製品開発に向け。
2019年1月24日

 https://glafit.com/


関連するキーワード



住所:和歌山県和歌山市南大工町

設立:2017年9月


当ウェブサイトにおいて掲載する情報は、公表されている情報などを独自に収集した参考情報であり、企業の事業内容について正確性、安全性等を保証するものではありません。