ナレッジ・マーチャントワークス株式会社

店舗の生産性・働き方改革を支援するアプリ開発・店舗サービス変革ソリューションを手がけるベンチャー。

サービス業界特有の人事・組織課題における支援事業に携わってきた経験を生かし、時代のニーズに合致した店舗向けの生産性向上アプリ開発やAIやブロックチェーン技術を使って変革ソリューションを提供する。

ナレッジ・マーチャントワークスでは、「テクノロジー」の活用が店舗サービスの「構造問題」を解決する糸口になると考え、生産性・働き方改革を支援するためのプロダクトを開発。
店舗で働く方々向けのスマホアプリ「はたLuck®」は、店舗のサービスレベル、スタッフの能力・周囲からの評価を見える化し、サービスレベルの向上と定着率の向上を支援するアプリ。スタッフの課題を明確化し、個々人の課題に合った教育を提供する機能のほか、アプリに蓄積したデータをもとに店舗の健康診断を行う機能など、店舗・職場活性化に向けたソリューションを提供する。さらには、API連携による「給与支払い」「勤怠管理」「POSデータ連動」などを可能とし、スタッフ活動のインフラとしての運用を目指している。

また、次のステップとして「はたLuck®」に蓄積される「知識やスキル・等級・勤怠、周囲からの評価などのデータ」を分析し、個々人の成果を「信用スコア」として見える化する取り組みを進めている。このスコアが就職における履歴書になったり、保険の利率を下げられたり、学資ローンを低利で組めたりと、個人の将来につなげられる仕組みの実現を目指す。

ナレッジ・マーチャントワークスは、2018年9月にシリーズAラウンドで総額2.7億円となる資金調達を実施。引受先は、GMO VenturePartners、エン・ジャパン、DDホールディングス、ブレインパッド、バリュークリエイト、藤野英人氏(レオス・キャピタルワークス社⻑)をはじめとする複数名の個人投資家で、各方面からの注目の高さが窺える。

「はたLuck®」は、大手チェーンストア企業を中心に、小売・飲食・宿泊といった様々なサービス業態で導入されている。ナレッジ・マーチャントワークスでは、「人とテクノロジーによって店舗サービスの革新を導き人々のこころが満たされる社会を実現する」を企業ミッションとし、今後さらなる店舗支援サービス事業の付加価値向上を進めていく考えだ。

 https://kmw.jp/


pr_image


住所:東京都港区南青山

設立:2017年3月


最終更新:2018年12月

当ウェブサイトにおいて掲載する情報は、公表されている情報などを独自に収集した参考情報であり、企業の事業内容について正確性、安全性等を保証するものではありません。情報を作成した時点は上記の最終更新の月であり、以降の情報は反映されていません。