株式会社SAKELOGY

日本酒に特化した飲食店のメニューを作成できるオンラインシステム「SAKELOGY(サケロジー)」。

日本酒に特化したデジタルメニューを作成できるオンラインシステム「SAKELOGY」を運営。「SAKELOGY」は、”お客様に美味しい日本酒を飲んでもらいたい”、”英語は苦手だけれども、地元のお酒を伝えたい”という飲食店・小売店の日本酒接客をサポートするツールだ。

「SAKELOGY」は、誰でも簡単に、詳しい日本酒のメニューを作成することができるツールとなっており、お店で提供する日本酒を「SAKELOGY」で検索し、あとは提供価格と提供方法を設定するだけで済む。作成したスマホのメニューには、商品ごとの味わいや、酒米や精米歩合といった詳しい情報が網羅されているため、お店のスタッフが内容を覚える必要もなく、専門用語が多く説明が難しい日本酒の情報をツールに頼ることできる。説明業務の効率化によって生じた時間は、別の接客対応に充てるなどスタッフのパフォーマンスを上げることができる。

登録されている日本酒の情報は5000銘柄を超え、協力蔵元も増やしてきている。また、英語にも対応しており、急に海外の方が来店しても正しい情報をわかりやすい説明で伝えることができる。現在、お酒に合うお料理を提案したり、専門用語の解説やソムリエ機能などの開発を進めており、サービス内容の拡充にも積極的に取り組んでいる。

同社は2016年に創業。起業のきっかけは外国人旅行客から日本酒を勧められたことだという。その日本酒がとても美味しかったことに加え、外国人発想の日本酒の楽しみ方に感心し、日本酒を求める外国人とお店との橋渡しになりたいと考えたことが起業につながった。一方で、日本人の日本酒離れの動きもあり、古くからの酒蔵が廃業に追い込まれていく恐れもある。同社は、世界に通用する素晴らしい日本酒を、ITの力を使って世界中の人に届けることを通じ、個性ある酒造を支援し続けていく考えだ。

 http://sakelogy.jp/


pr_image



pr_image




関連するキーワード



住所:大阪府大阪市淀川区西中島

設立:2016年1月


最終更新:2019年3月

当ウェブサイトにおいて掲載する情報は、公表されている情報などを独自に収集した参考情報であり、企業の事業内容について正確性、安全性等を保証するものではありません。情報を作成した時点は上記の最終更新の月であり、以降の情報は反映されていません。