株式会社SETE MARES

誰でもビジネスデータを分析できるインフラ提供。

株式会社SETE MARESは、誰でもビジネスデータを分析できるインフラの提供をMissionに掲げ、経営支援プラットフォーム「KINCHAKU」の開発・提供を手がける企業。

現代において膨大かつ高速に蓄積・更新されていくビッグデータを上手く活用することは、 ビジネスを生き抜いていくための大きな武器になる。SETE MARESでは、事業のユニットエコノミクス情報を人工知能の力で整理・分析・創出して、 中小企業の生産性を高めるために、研究・開発を進めている。

「KINCHAKU」は事業の予実分析、収支と予算管理に特化したクラウドサービス。専門的な知識が無くても直感的な操作で予実分析ができ、リアルタイムに経営の状況を把握することで迅速な意思決定を後押しする。また、様々なグラフや指標によって、見える化を行い、経営者や事業担当者が無駄な時間を掛けることなく、経営判断に活かせられる仕組みを提案している。
2019年春には、リアル店舗型のビジネスを展開している個人経営の方から中小企業を中心にした、オンライン化支援サービスの立ち上げを計画している。

SETE MARES は代表のベセディン ドミトリ氏らが、2018年7月に福岡を活動拠点とし設立。経営陣はスタートアップの出身で、福岡発のスタートアップとしてその活躍が期待される。

 https://setemares.co/


pr_image



関連するキーワード



住所:福岡県福岡市博多区博多区博多駅前

設立:2018年7月


最終更新:2019年1月

当ウェブサイトにおいて掲載する情報は、公表されている情報などを独自に収集した参考情報であり、企業の事業内容について正確性、安全性等を保証するものではありません。情報を作成した時点は上記の最終更新の月であり、以降の情報は反映されていません。