Yper株式会社

置き配バッグとスマートフォンアプリを使った物流システム「OKIPPA」。

Yper株式会社は、物流分野でシステム開発、アプリ開発を手がけるスタートアップ企業。「Creating HYper Service 世の中に最高のサービスを」を企業理念に、ソフトウェア開発を行う。

Yperは、宅配物の再配達問題を解消する、宅配ボックスが無くても簡単に荷物が受け取れる物流サービス「OKIPPA」を展開している。不在でも在宅でも吊り下げるだけで荷物を玄関前で受け取れる、置き配バッグの仕組みを考案。荷物管理アプリを併用することで、いつ置き配バッグに荷物が入ったか携帯に通知が届けられ、在宅中においても宅配物を待つストレスがなくなり、家事や趣味など自分の時間を楽しむことができる。バッグには玄関口に固定する専用ロックと内鍵が付属しており、通常の置き配と比較し、盗難や個人情報漏洩のリスクを低減できることが特徴となっている。

「OKIPPA」は2018年7月から1ヶ月間、東京23区の100世帯を対象に実証実験を行い、参加者の再配達率を約43%削減することに成功。さらに2018年12月には日本郵便と共同で大規模実証実験を行うとともに全国各地に利用者を広げ、置き配バッグの累計販売数が6,000個に達している。

同社の代表は、大手商社の勤務を経て2017年8月にYperを創業。2017年12月にニッセイ・キャピタルのアクセラレーションプログラム「50M」に採択され、2018年5月には、第三者割当増資によりニッセイ・キャピタル他からシード調達を実施。日本郵便や東京電力グループのPinTなど大手との事業連携を展開するなど、目まぐるしい成長を遂げる企業として注目を集めている。

注目のニュース

宅配ボックスOKIPPAにディズニーデザインが登場。ディズニーグッズ公式オンラインストアで予約販売。
2021年4月22日
自動配送ロボットの第一弾プロジェクトが、ひろしまサンドボックス「D-EGGS PROJECT」に採択。
2021年4月21日
AMR(自動配送ロボット)分野の事業をスタート。中山間地域での新たなラストマイルインフラの構築についてパブリック評価が開始。
2021年3月10日
置き配バッグ「OKIPPA」を継続して利用できるサブスクサービスをリリース。盗難補償・バッグ交換保証が付帯。
2020年12月2日
環境配慮型再生素材で置き配バッグ「OKIPPA」の製造をスタート。
2020年10月8日
沖縄県北中城村が、OKIPPAを住民に無償提供。地方創生臨時交付金を活用。
2020年8月25日
OKIPPA利用者に、置き配盗難補償を無料で提供。より安心してOKIPPAを利用できるよう盗難保障でサポート。
2020年7月29日
OKIPPAアプリがカレンダーシェアアプリ「TimeTree」と連携。TimeTreeのカレンダー上に、荷物の配送予定が表示されるように。
2020年7月7日
不動産管理会社向けに、宅配ボックス環境を物件に整備する「OKIPPA for 不動産」を提供。必要項目を登録するだけで、初期費用ゼロ、維持費ゼロ、工事なしで対応。
2020年5月27日
OKIPPA ✕ メチャカリ、衣服のサブスク返送を非対面集荷で行う実証実験実施。ストライプインターナショナルのサブスクサービスと協業。
2020年4月16日
宅配バッグ、大阪府八尾市と実施した実証実験で再配達7割削減に成功。
2020年3月26日
再配達をなくすOKIPPA、環境省の「新たなラストマイル配送モデル調査」に採択。
2020年1月24日
シリーズAラウンドにおいて総額3.5億円の資金調達を実施。引受先はニッセイ・キャピタル、みずほキャピタル。
2019年4月24日
アプリ連動型置き配バッグ専用の「置き配保険」を東京海上日動火災保と共同開発。
2018年7月5日


 https://www.yper.co.jp/


関連するキーワード



住所:東京都渋谷区南平台町

設立:2017年8月


当ウェブサイトにおいて掲載する情報は、公表されている情報などを独自に収集した参考情報であり、企業の事業内容について正確性、安全性等を保証するものではありません。